ヴィンテージワインを通販で買うときのポイント

ヴィンテージワインは一般的なコンビニやスーパーなどに並ぶデイリーワインとは性質が違います。

そのため購入の際にはそれなりの注意点がありますが、もちろん通販で買うときにも気を付けるべきポイントはいくつかあります。

一般的な店舗であれば実際にお店に行ってワインの保管状態やお店のスタッフさんとのコミュニケーションで決めることができますが、通販ではこうはいきません。

また、よほどのことがない限り届いてから後ではキャンセルができませんので、ここは事前にしっかりと検討しておきたいところでしょう。

 

ヴィンテージワインを通販で購入するポイント

ヴィンテージワインは通販のほうがデメリットが少ない

これは意外かもしれませんが、本当にいい通販サイトを見つけた場合、ヴィンテージワインに関しては一般的な路面店のワインショップよりもデメリットが少ないのです。

路面店のワインショップは、多くのレイアウトは入り口に近いほうからデイリーワインが置いてあり、一番奥にヴィンテージワインがあります。

購入するときの目的意識が高いヴィンテージワインは奥にあってもお客様は見に行ってくれるので一番奥にあるのですが、それでもヴィンテージワインにとっては心配な点があります。

まず、不特定多数の方に見てもらうために多少の照明は必要で、これはヴィンテージワインにとってマイナスポイントなのです。

例えば当サイトが運営するワインブックスであればワインを保管する環境の照明は最小限度で、作業するとき以外は真っ暗な状態です。

 

また、路面店であれば購入する前に普通は手に取ってワインを見るものなのですが、この間にワインは余計な振動が加えられてしまうのです。

 

買い取りサイトに注意!

では、通販サイトの全てがヴィンテージワインにとって最適なのかといわれればそれも違います。

最も気を付けるべきは、その通販サイトが購入した「購入もとはどこか」というところでしょう。

有名ワインを検索エンジンで検索すると、「高級ワイン買い取りサイト」を見つけることがあります。

これは何を意味するのかというと、買い取りサイトで高級ワインを買い取り、そのワインを通販サイトで一般客に売却する導線があるということです。

この場合、買い取りサイトに売りに来たお客がどのような環境で保存しているかの担保は取れず、ワインが劣化してしまう可能性も否定できないのです。

これは笑えない話なのですが、例えばナイトビジネスのスタッフさんがお客さんからプレゼントでもらったワインを部屋に放置して、これをお金に困ったときに売りに来るなんてざらにあります。

特に売れ筋のワインはこのような傾向にありますので、注意が必要でしょう。

 

ヴィンテージワインに特化したサイト

ワインの通販サイトも様々あって、できる限りワインを安く販売する激安サイトもあれば当サイトのようにプレミアムワインに特化したサイトもあります。

激安サイトは「どこよりも安く売る」ことが大事なので、ある程度目をつぶるところが出てくるのは仕方がないことでしょう。

ワインを信頼のおけるインポーターから直接購入し、適切な保管をして販売するのはそれなりのコストがかかります。

そのため、大変に失礼な意見ですが激安サイトではどこかに無理があるのではないかとの予測は容易に立ちます。

これは最終的なフロント店舗と同様にインポーターにも同じことが言えます。

購入もとがしっかりとしたところでないと、こういうところにしわ寄せがきてしまうのです。

その意味ではある程度ヴィンテージワインに特化したサイトのほうが信頼できるといえるでしょう。

 

まとめ

ヴィンテージワインは買ったらやり直しがきかないことが多いのですが、路面店にもある程度のリスクはあります。

では通販サイトのほうがい一方的にいいのかといわれれば、それもある程度の押さえるポイントがあるのです。

ヴィンテージワインを購入する目的はそれぞれだと思いますが、目的意識が強いのは誰でも同じでしょう。

失敗しないためにも、信頼のおけるサイトをおさえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です