コッリ―ネ ペスカレージ シャルドネ 2017 マッラミエロ

 

はじけるような果実味とシュワッとした酸味がいかにも魚介類に合いそうな味わいで、長い余韻を楽しめる白ワインです。

 

シャルドネはもともとブルゴーニュの品種として知られていますが、現在では世界中で栽培され、多くの生産者が手掛けています。

ニュートラル系品種と呼ばれていますが、これはブルゴーニュの生産者はもともと

「ブドウは大地を表す媒介者だ」

という考えが根底にあるためです。

 

 

テロワールを表す媒介者なのですから、ブドウそのものに強烈な個性があってはダメです。

逆に言うと、シャルドネはよい環境でつくらないといいワインはできないし、誤魔化しがきかない、ということなのです。

 

 

アブルッツオ州はご覧のとおりイタリア中部の東側、アドリア海に面した州です。

そのなかでもペスカーラという町は穏やかな気候で海産物が豊富、この街で親しまれているのがこのワインなのです。

生産者のマッラミエーロは、アブッルツォ州を代表するワイナリーで、地元ではちょっとした企業として知られています。

もともと親族だけの内向きなワイン造りを行っていたのですが、先代のオーナーがこれではもったいないと、事業化に乗り出すのです。

イタリアはどこもそうなのですが、特にアブルッツォ州は州内で産業が完結しているところがあって、特に国外向けに商品を売り出す面倒をしなくても困らないのです。

もともと天候と土壌にめぐまれていたのですが、これがアブルッツォのワインを日本で見かけない理由でしょう。

 

 

”海べり系ワイン”とは?

ペスカーラの街はご覧のとおり生粋の漁師町で、ここでとれた新鮮な魚介料理に合わせて飲まれてきたのがこちらのワインです。

これらの「海べり系ワイン」が悪かろうはずがありません。

美味しいはずです。漁師さんは自分の取った魚を一番おいしく食べる方法を知っていますが、これに合わせて飲まれてきたのですから。

 

 

*ワインの開け方は、こちらをご参考ください。

 

それでは、いよいよ味わってみましょう。

ここからワインのテイスティングが続きますが、興味のない方はこちらで読み飛ばしてください。

逆に、ご購入の方は、お読みになりながら飲むとより一層ワインがおいしくなります。

 

 

 

外観は薄く緑がかったイエローと表現します。若干麦わら色が見えますね。

輝きがあって優しい色調、透明感があります。

これはワインの酸味がしっかりしているために見える外観です。

 

逆に酸味が弱いと輝きが鈍くなるのですが、キラキラ輝いていて大変に美しい外観です。

 

では、香りをかいでみてください。

このワインは木樽を使っていません。そのためブドウの香りを想像しながら感じ取りましょう。

いきなり鼻を近づけるのではなく、ゆっくりと近づけてください。少しずつ、華やかな香りが感じ取れるでしょう。

 

香りはブルゴーニュのシャルドネとよく似ていますね。

洋ナシや白桃、ハーブの香りがあって、豊かなミネラルの印象が感じられます。

グラスを少し回すとより一層香りがふくらみを増します。

 

ひょっとしたら、ひとによっては霧の中を歩いているときに感じるような印象を受けるかもしれません。

これがワインによるミネラルの印象なのです。

 

 

それでは口に含みましょう。

いきなり多くを含むのではなく、できれば最初は少しだけを口に含み、口の中を湿らすように全体を使って味わってみてください。

 

ぎゅっと引き締まった果実の印象がありますが、酸味がさわやかで爽快な印象を受けます。

よく注意してみると、おそらく舌の側面あたりにぴちぴちした刺激を感じると思います。

これはシャブリやガヴィなどでもありますが、目に見えないほどのほんの少しの炭酸ガスがあって、これが舌を刺激してフレッシュ感を感じさせるのです。

 

果実味を押し広げるように酸味が広がり、口の中をさっぱりさせてくれます。

口の奥に若干の苦味を感じるでしょう、余韻にミネラルの印象が残ります。

 

苦味はワインにとって大変に重要な味わいで、これがあることで味わいに深みと高級感をもたらしてくれるのです。

ミネラルの印象が強く、これはよい土壌でとれたブドウならではでしょう。

 

 

大変に上質なブドウで造られたので、よく感じ取ると余韻が長いことがわかると思います。

グレープフルーツや蜂蜜のような香りがミネラルの印象とともに飲み込んだ後も感じられます。

 

 

美味しい飲み方は?

では、このワインを最高の状態で味わうにはどのようにすればいいでしょうか。

できれば届いてから3日間は箱のまま冷暗所に置いておくなどしてほしいところですが、普通は届いたらすぐに飲みたいと思うものでしょう。

このワインは酒質がしっかりしているので当日でも翌日でも十分に楽しめますので、ご安心ください。

 

6~8度程度の温度が最適なので、これは冷蔵庫で問題ありません。

ただし冷蔵庫内は極端に乾燥しているので、できれば半日程度を冷やす目的で置いておくのがベストでしょう。

翌日のランチに飲む場合は前の日の晩、ディナーに飲む場合は朝入れておけば問題ありません。

 

もっとも、冷蔵庫に入れたはいいけどそのまま放置してしまい3か月たった、となると、冷蔵庫内は極端に乾燥しているのでコルクがボロボロになって酒質が変質する可能性があるのでご注意ください。

あればワインクーラーに氷を入れて温度管理をしましょう。

氷水は冷えすぎる可能性がありますので、よく冷えた状態であれば氷だけを敷いてその上にボトルを置く程度で問題ありません。

 

グラスはきれいなチューリップグラスであれば特に高級なものでなくても十分に楽しめます。

肩ひじを張って飲むワインではありません。

気分を盛り上げて、リラックスできて、できればワインに集中できる環境でいただきましょう。

 

合わせる料理は?

では、このワインに合わせる料理を検討してみましょう。

すっきりとしていてとにかくミネラル感がさわやかなワインです。レモンや洋ナシをかじった時のような爽快感がたまりません。

また、ペスカーラの新鮮な魚介類に長年合わせてきたワインですので、ここはやはり新鮮な魚介料理に合わせたいところですね。

もちろんスパゲティヴォンゴレやペスカトーレなどのイタリア料理もいいですが、新鮮なお魚があればカルパッチョも最高ですね。

少し厚めに切ったお魚においしい塩と胡椒をふり、オリーブオイルとレモンをかけて香草を散らせばご家庭でも簡単に出来上がります。

口の中一杯に広がる肉厚の鮮魚の香り、これにきりっと冷えたアブルッツォのシャルドネを合わせるのです。

 

威勢のいい漁師さんが、とれたての新鮮な魚介類を茹でたりグリルにして波止場で食べながら、グイっと飲むところが思い浮かぶかもしれません。

 

購入の前に知ってほしいこと

→読む

reco1
reco1
reco1
reco1
reco1
reco1
reco1
reco1
  • お勧め商品
商品番号:reco1

コッリ―ネ ペスカレージ シャルドネ 2017 マッラミエロ

年齢確認にご協力ください。

在庫状態:在庫有り
¥4,000(税別)
数量
  • レビュー

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。